• 文字サイズ・色合い変更
  • 奄美市ホームページ

金久中学校 > 特色ある教育活動

ここから本文です。

更新日:2014年9月10日

金久中学校

特色ある教育活動

1 事業名

 

「総合的な学習の時間」 名称 DREAM TIME(ドリームタイム)

 

「文化祭」

2 目標

生徒一人一人が,現代社会における様々な課題を自分の問題としてとらえ,自己課題を設定し,その解決に向けて主体的に活動を展開する中で,豊かな学び方を身に付け,よりよい生き方を目指そうとする態度や資質・能力を育む。

また,文化祭での学級・学年の取組を通して,協力する大切さや成就感を味わわせるとともに,学校や郷土を愛する心を培う。

3 主な活動内容

(1)ドリームタイム1~3

身近な生活の中から,興味・関心のあることや疑問に思ったことをもとに,課題設定,計画立案を行いながら,主体的に学習し個性の伸長を図るとともに,生涯にわたって「自分探し」の学習を続けていく力を養う。

  • 1年テーマ(ドリームタイムを知ろう)【課題探求活動】
  • 2年テーマ(体験活動を通して郷土や平和について学ぼう)【一日体験活動】
  • 3年テーマ(地域・社会に自分を生かそう)【一日調査体験活動】

(2)福祉体験活動

社会貢献学習として,地域の福祉体験を通し課題解決学習や進路選択に生かす機会を設ける。

(3)パラレル学習

パラレル学習の一コマ(文化祭)

生徒はこれまで特別活動の中で,集団の様々なメンバーとふれあい,数多くの体験活動を通し成長してきた。そこで,「総合的な学習の時間」と組み合わせて多様な体験活動を実施し,さらに深化させることが生徒の「生きる力」を伸ばしていくことがこの学習の主なねらいである。

4 活動の成果

  1. 「総合的な学習の時間」を学年別に設定した結果,情報収集活動等が機能的に行えた。
  2. 修学旅行での自主研修や職場体験,福祉体験学習の事前学習や課題解決学習を総合的な学習の時間で計画的に実践することによって,生徒の取り組む姿勢が改善された。
  3. 全学年で外部から幅広い分野の講師を招聘し講話等を実施した結果,生徒にとっては自己を見つめ将来の目標を再認識する良い機会になった。
  4. 総合的な学習の時間の中で「パラレル学習」と称し,全学年「文化祭」への取組の時間を設定した。その結果,協力する大切さや成就感を味わわせることができた。

5 今後の課題

  1. 職場体験と福祉体験を2年と3年で実施しているが,受け入れ側の事業所が万全ではないため,一本化するか内容の見直し等を今後も引き続き行う必要がある。
  2. 他学年の生徒や保護者への還元方法を工夫する必要がある。
  3. 活動に必要な資料収集や教材開発を行い,より充実した活動になるよう指導計画の改善を進めていきたい。

お問い合わせ

金久中学校

894-0035 奄美市名瀬塩浜町15-10

電話番号:0997-52-0738

ファックス:0997-52-4947