本文へスキップします。

手花部小学校 > 学校の概要

ここから本文です。

更新日:2022年4月21日

学校の概要

地域の概要

本校は国道58号線の沿線にあり,市役所支所のある赤木名地区までは1.5kmの所に位置している。学校の東側は手花部湾,西側には小高い丘を有する。

校区は手花部・前肥田・打田原の3集落に分かれ,学校は手花部集落にある。

学校の歴史

本校は創立141周年を迎え,その前身は明治12年に遡る。明治12年9月「下等小学校」として創立。明治14年「手花部簡易小学校」と改称された後,明治28年9月「手花部尋常小学校」となる。現在に至るまでの歴史と趣は,校歌にも歌われている大島池や庚申園,シンボルツリーである「ほこらしゃの木(あか木)が物語っている。

本校の現状

児童数13名,学級数3学級,職員数7名の完全複式の学校である。

「何事にも全力!手花部っ子」をキャッチフレーズに掲げ,地域の人材活用を進めながら特色ある教育活動に取り組んでいる。また,学力向上を目指し,職員一人ひとりが複式指導法の研究,表現力の育成を目指した取組を実践的に行うなど,研修に励んでいる。

沿革

明治

12年

笠利方手花部村赤連に下等小学校として創立

28年

手花部尋常小学校と改称

大正

13年

校歌制定

昭和

4年

大島池完成

16年

手花部国民学校と改称

21年

日本政府と行政分離,米政府の信託統治

23年

手花部小学校と改称

28年

日本復帰

34年

創立80周年式典

43年

新校舎完成

44年

創立90周年記念式典,新校舎落成祝賀式

50年

新校舎竣工

51年

僻地集会場(体育館)落成

54年

創立100周年記念式典

平成

7年

地区複式学級研究公開

16年

第40回南日本作文コンクール椋鳩十賞受賞

21年

創立130周年記念式典

22年

第8回J-KIDS大賞都道府県優秀校受賞

23年

ネリヤカナヤ創作童話コンクール第2学年最優秀賞受賞

29年

花作り・花いっぱい運動優秀賞受賞
大島池枯松撤去

30年

校舎改築工事

31年

体育館改修工事

 

児童数

学年 1年 2年 3年 4年 5年 6年 合計
男子

0

1

1

1

1

2

6

女子

0

2

2

1

2

1

8

合計

0

3

3

2

3

3

14(人)

学年 1年 2年 3年 4年 5年 6年 合計
手花部

0

3

3

2

3

3

14

前肥田

0

0

0

0

0

0

0

打田原

0

0

0

0

0

0

0

アクセス

校歌

お問い合わせ

手花部小学校

894-0506 奄美市笠利町手花部2811

電話番号:0997-63-0085

FAX番号:0997-63-0085

ページトップへ